店員も客も笑顔、その名は「注文をまちがえる料理店」 認知症に関心を持つ人たちが、9月開店目標にCF立ち上げ、グヌヌ!?

1 :紅あずま ★ :2017/08/22(火) 13:00:15.29 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/CIAdmic.jpg 店員も客も笑顔、その名は「注文をまちがえる料理店」
朝日新聞:2017年8月22日11時45分
http://www.asahi.com/articles/ASK8L3632K8LUEHF002.html

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170818003268_comm.jpg
認知症の人がホールスタッフとなり、接客をする「注文をまちがえる料理店」

 料理の注文を取ったり、配膳をしたりする店員が全員、認知症だったら——。
そんな一風変わったレストランを東京で9月に開こうと、認知症介護に関心を持つ人たちがクラウドファンディング(CF)で資金を募っている。
「注文を間違えるかもしれないが、『ま、いいか』とおおらかに受け止めてもらえたら」。そんな願いを込め、付けた店名は「注文をまちがえる料理店」。

 テレビ局ディレクターの小国士朗さん(38)が発起人、認知症介護の経験が豊富な介護福祉士の和田行男さん(61)が委員長の実行委員会が企画した。
3日間限定で、CFの支援者を中心に300人弱の来客を見込んでいる。
800万円を8月31日までに募集しており、集まらなかった場合は支援者へ返金される。

 きっかけは5年前に小国さんが体験した、ある食事だった。

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170818003251_comm.jpg
6月のプレイベントに参加した「注文をまちがえる料理店」のメンバー

 その日、和田さんが働くグループホームを取材していた小国さんは、認知症の入所者たちがハンバーグを作る予定だと聞いていた。
しかし、食卓に並んだのはギョーザ。
「あれ、ハンバーグでしたよね?」。そう言いかけた時、こんな思いがよぎった。

 「ハンバーグがギョーザになったって、別にいいんじゃないか」

 間違えを指摘することで、入所者たちが築いている「当たり前の暮らし」が台無しになる気がしたという小国さん。
「『こうじゃなきゃいけない』といった固定観念にとらわれていた自分に気づいた」。
これが認知症の人も、そうでない人も「間違えることを受け入れ、楽しむ」という店のコンセプトにつながった。

残り:1708文字/全文:2345文字
※公開部分はここまで
※無料登録して全文を読むことが出来ます

「注文をまちがえる料理店」の詳細ページ(Readyfor)
https://readyfor.jp/projects/ORDERMISTAKES

▼関連スレ
【経済】道後温泉でクラウドファンディング活用、耐震工事の5億円分を寄付でまかなう予定
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1503131443/

続きを読む “店員も客も笑顔、その名は「注文をまちがえる料理店」 認知症に関心を持つ人たちが、9月開店目標にCF立ち上げ、グヌヌ!?”

いろいろ試し^^^、欧米人は「ガチャには関心がない」 日本と嗜好異なる Google Playアジア責任者インタビュー

1 :trick ★:2017/08/13(日) 00:06:11.83 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/JCc7mDA.jpg 欧米人は「ガチャには関心がない」–Google Playアジア責任者インタビュー – CNET Japan
藤井涼 (編集部)2017年08月11日 09時00分
 グーグルのデジタルコンテンツプラットフォーム「Google Play」が、2017年3月に5周年を迎えた。8月4日に発表された上半期のトレンドレポートでは、人気アプリのトップ5に「DELISH KITCHEN」「クラシル」「クックパッド」と料理アプリが3つランクインする結果に。また、ゲームカテゴリでは任天堂の「Super Mario Run」がトップトレンドのタイトルに選ばれた。

 8月初旬、Google Playのアジア地域責任者であるJames Sandars(ジェームス サンダース)氏に単独インタビューを実施。Google Playならではの優位性や、セキュリティへの取り組みなどを聞いた。

(中略)

——コンテンツ開発者のサポート体制についても教えてください。

 開発者の支援にも力を入れており、ビジネス面からソフトウェア面まで、大きなサポートチームで対応しています。グーグルでは「go global」というコンセプトで、日本の開発者の海外進出を支援しています。たとえば、アプリの翻訳なども他言語で違和感のない質の高いものにしています。

 ゲームについては、国によってユーザーの嗜好が異なるため、どのようにコンテンツの内容を変えれば成功するかといったアドバイスをしています。たとえば、北東アジアではアニメを使ったゲームが人気ですが、逆にタイやインドネシア、インドなどの南アジアでは、あまりそういったものは人気がありません。

 また、日本のスマートフォンゲームではポピュラーなシステムである“ガチャ”は、欧米では誰も関心がありません。日本では(小型販売機の)ガチャガチャに馴染みがあるので、ランダムで何かしらのアイテムがもらえるガチャの仕組みを楽しめますが、欧米にはそれに匹敵するものがありません。

 欧米でもクジはありますが、当たりか外れかのどちらかの結果なので、ガチャのようなランダム要素はありません。そのため欧米では、決まったアイテムを購入するのが一般的なため、日本のゲームを欧米に配信する際には、ガチャの要素はすべて外して、ほかの要素を入れた方がいいといったアドバイスをしています。

(続きはソース)
https://japan.cnet.com/article/35105582/

続きを読む “いろいろ試し^^^、欧米人は「ガチャには関心がない」 日本と嗜好異なる Google Playアジア責任者インタビュー”

Scroll Up