嘘だわ+#+、北朝鮮 「日本に強硬な自衛的措置を行使する」

1 :影のたけし軍団 ★:2017/10/23(月) 09:29:02.61 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/RCAL3FH.jpg 日本に「強硬な自衛的措置」

北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は22日の報道官談話で、
「北朝鮮の核の脅威」による国難の突破を名目にした衆院解散について
「何の大義名分もない」と批判し、日本が「米帝侵略軍」を駐屯させ、自衛隊と合同訓練を行っていると非難した。

朝鮮中央通信が伝えた。

報道官は「日本が米国を後ろ盾に再侵略の準備に拍車を掛けていることが明白になった以上、
われわれも、それに見合った強硬な自衛的措置を行使する権利がある」と威嚇した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102300621&g=pol

続きを読む “嘘だわ+#+、北朝鮮 「日本に強硬な自衛的措置を行使する」”

イスラエル「日本よ、一緒にアラブ諸国を結ぶ鉄道を作らないか?」、【資源!?

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/EQ3tgne.png
 【エルサレム=飛田雅則】イスラエルは、敵対関係にあったアラブ諸国と自国を結ぶ広域鉄道網の整備計画を提案する。
カッツ運輸・道路安全相兼情報活動相が日本経済新聞のインタビューで「サウジアラビアなどを含めたアラビア半島を走る
鉄道網をつくりたい」と述べ、アラブ諸国に提案する意向を示した。計画が動き出せば、イスラエルとアラブ諸国の関係が
改善する可能性もある。日本にも協力も求める。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22551090R21C17A0000000/

続きを読む “イスラエル「日本よ、一緒にアラブ諸国を結ぶ鉄道を作らないか?」、【資源!?”

ケンシロウ、悟空、アムロ、日本のアニメの代表的な人物って結局在日なんだよな、ジワジワくる+#+

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Na0ca5l.jpg

 「ふざけるな!」「朝鮮人をなめるな!」

 原告敗訴となった朝鮮学校無償化訴訟。代理人弁護士が「不当判決」と書いた幕を東京地裁前で掲げると、集まった卒業生や保護者らから怒号が上がり、中には声を上げて泣き出す女性もいた。

 《どれだけ叫べばいいのだろう−》《怒りが今また声になる−》しばらくすると合唱が繰り返され、抗議の声はしばらく止まなかった。

 地裁によると一般傍聴席82席に対して希望者は1499人と、倍率は18倍を超えた。開廷前から地裁前は横断幕やのぼりを持った関係者らで埋め尽くされた。

 原告は判決後会見を開き、大学4年の男子学生(21)は「民族教育が否定され日本で朝鮮人として堂々と生きる権利も奪われた。これから朝鮮人として育つ子供の未来や笑顔を全て奪った判決に憤りを隠せない」と述べた。

 女子学生(22)は「当然勝てると思って楽しみにしていた。悔しい思いでいっぱい。絶対にここで終わらない」と語り、目に涙を浮かべた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170913/afr1709130041-n1.html

続きを読む “ケンシロウ、悟空、アムロ、日本のアニメの代表的な人物って結局在日なんだよな、ジワジワくる+#+”

お前、日本の$+$、英国で韓国人が東洋人だからという理由だけで瓶で殴られる

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/sANlyCX.jpg
2017年10月18日、韓国・インサイトによると、欧州で韓国人が人種差別を受ける事件が相次いで発生している。

英国に留学中の韓国人学生チョ・ミンスさんは18日、SNSに「後輩が人種差別を受け、シャンパンのボトルで暴行された」との文章と動画を掲載した。

チョさんによると、英国南東部のブライトンに留学中の後輩Aさんは、ショップが並ぶ路地で英国人青年らからワインの瓶を投げつけられた。

「なぜこんなことをするのか」と尋ねるAさんに対し、青年らは「アジア人だから」と答え、目を細めたり、
耳を引っ張って猿のものまねをするなど侮辱的な言動をした。

さらに、青年らの1人はAさんの顔をシャンパンの瓶で殴ったという。青年らはAさんを暴行した後、そのまま逃走。
Aさんは歯を折るなどのけがを負った。

チョさんは「現在、警察署や大使館と連絡を取っている状態だ」とし、「多くの人にこの事件を知ってもらいたい」と訴えた。

チョさんの文章と動画は在英外国人のコミュニティサイトでも紹介され、多くのネットユーザーから批判の声が寄せられている。

韓国では先月21日にも、あるバラエティ番組でアイドルグループ「god」のメンバーのパク・ジュニョンがベルギーでのロケ中に人種差別を受ける様子が放送され、波紋が広がっていた。

当時、路地を歩いていたパク・ジュニョンは突然、現地の人たちに取り囲まれて暴行を受けた。
すぐにスタッフが止めに入り大ごとにはならなかったものの、欧州にまん延する人種差別が間接的に感じられる事件だったという。

これを見た韓国のネットユーザーからも

「本当に腹が立つ」
「英国には絶対に行かない」
「これは殺人未遂罪。顔を攻撃するなんて殺意があったとしか思えない」
「英国は紳士の国だなんて誰が言った?」
「国の恥さらしはどの国にも存在するんだね」

などと批判する声や、

「実話なの?恐ろしい」
「どうしてそんなことができるのか…。同じ人間なのに」

と驚く声が寄せられている。

http://www.recordchina.co.jp/b194199-s0-c30.html

続きを読む “お前、日本の$+$、英国で韓国人が東洋人だからという理由だけで瓶で殴られる”

ラッキーかな!?、経済同友会代表幹事「日本のものづくりの評価、音を立てて崩れつつある」 日産、神鋼不祥事で

1 :ばーど ★:2017/10/18(水) 19:21:10.72 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/vf8gpl2.jpg 日産自動車や神戸製鋼所などで相次いでいる不祥事について、経済同友会の小林代表幹事は18日の記者会見で、「日本のものづくりの評価が崩れた」と述べて、強く批判しました。

この中で小林代表幹事は、日産自動車や神戸製鋼所などの不祥事について、「日本のものづくりは、高品質や安全安心によって世界で評価されてきたが、音を立てて崩れつつある。トップを含めた組織全体の法令順守に対する姿勢が理解できない」と述べて、強く批判しました。

そのうえで小林代表幹事は「ブランドを築くのには何十年もかかるが、失うのは一瞬だ。信頼回復は簡単ではないが、各企業が変革を見える形で社会に表明していく以外に手はないと思う」と述べました。

配信10月18日 16時35分
NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171018/k10011181631000.html

続きを読む “ラッキーかな!?、経済同友会代表幹事「日本のものづくりの評価、音を立てて崩れつつある」 日産、神鋼不祥事で”

11月7日までに日本を巨大地震が襲う可能性、要注意は10月20日前後 メキシコ地震から「環太平洋・時計回りの法則」で判明、じゃじ!?

1 :ニライカナイφ ★:2017/10/18(水) 20:14:04.43 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/7x7L60d.jpg 先月19日午後1時14分(日本時間20日午前3時14分)、メキシコ中部プエブラ州でM7.1の地震が発生し、200人以上の死亡が確認されている。
メキシコでは先月7日にもM8.2の巨大地震(チアパス地震)が起きたばかりだが、震源は首都メキシコシティから700kmほど離れた沖合だった。
それに対してプエブラ地震の震源は、規模は一回り小さいながらも首都から約120kmと近く、結果として大都市に甚大な被害をもたらした。

実は、9月6日に発生した太陽フレアの影響(大地震を引き起こすケースが多い)により、過去のタイムラグを考慮すると同月25日までは大地震に注意が必要であると筆者は何度も警告してきたのだが、懸念が現実になってしまった形だ。
しかし、話はここで終わらない。
なんと、この地震発生から翌日にかけてニュージーランド(19日、M6.1)、バヌアツ諸島(21日、M6.4)……と、M6以上の地震が環太平洋火山帯(リング・オブ・ファイア)上で時計回りに連続しており、今後はその西端にあたる日本周辺でも大地震の発生が予想されるのだ。

■「環太平洋・時計回りの法則」過去の実例

リング・オブ・ファイア上を時計回りに大地震が連鎖することは、民間の地震研究者たちの間ではよく知られている。
これを「バヌアツの法則」や「ニュージーランドの法則」と呼ぶ人もいる。

しかし、筆者はこれらの地域に限らず、より包括的に見てリング・オブ・ファイア上を大地震が時計回りに連鎖する法則を見出している。
これを仮に「環太平洋・時計回りの法則」とでも呼ぶことにして、具体例を見てみよう。

http://tocana.jp/images/RingOfFire.jpg

【メキシコ・日本を含むリング・オブ・ファイア上を時計回りに大地震が相次いだ例】

1928年5月27日:岩手県沖、M7.0。
1928年6月17日:メキシコ、M8.0。
1928年12月1日:チリ、M8.0、死者224人。

1931年1月15日:メキシコ、M 7.7、死者110人。
1931年2月2日:ニュージーランド、M 7.7、死者250人。
1931年2月20日:日本海北部、M7.2、深さ403km。
1931年3月9日:三陸沖、M7.2。

1995年10月9日:メキシコ、M8.0、死者49人。
1995年12月4日:択捉島南東沖、M7.3、津波あり。

2012年2月6日:フィリピン・ネグロス島沖、M 6.9、死者43人以上。
2012年3月14日:三陸沖、M6.9、津波あり。
2012年3月20日:メキシコ南部、M8.0。

このように、「メキシコ→日本」のパターンだけでなく、「日本→メキシコ」という逆もあることがわかるだろう。
しかし今回は、メキシコから地震の連鎖がスタートしているため、やはり次は日本が襲われる可能性を考えておくべきだ。

■注意期間は11月7日まで、最も警戒すべきは10月20日

また、地震発生日の月齢を調べると、チアバス地震は満月の翌日、プエブロ地震は新月の前日に起きていることがわかった。
そこで、18世紀から現在までにメキシコでM7.0超の大地震が発生した日の月齢を調べてみたところ、全13回のうち半分以上となる7回で、満月か新月の前後1日の間に起きていることが判明した。

これを偶然として切り捨てるわけにはいかないだろう。
ちなみに、月の引力が地震を引き起こす“トリガー”になり得るということは、防災科学技術研究所や東大の研究でも示唆されており、8月の記事で詳しく説明した。

以上をまとめると、リング・オブ・ファイア上で、メキシコ→ニュージーランド→バヌアツと大地震が続いている現在、西端(日本付近)での大地震に十分注意しなければならない。
通常、メキシコで地震が起きて(9月7日)から約2カ月以内に日本でも大地震が起きるケースが多いようだが(つまり11月7日まで)、今回は中間地点であるバヌアツ諸島までの連動が2日ほどと非常に早かったことから、より短期間のうちに日本でも揺れる可能性がありそうだ。

特に10月6日(満月)、10月20日(新月)前後の「満月トリガー」、「新月トリガー」では発生する確率が高くなると思われる(10月6日には、福島県沖を震源とする震度5弱、M5.9の地震が起きてしまった)。
10月20日は十分警戒しておくに越したことはないだろう。

http://tocana.jp/2017/10/post_14565_entry.html

続きを読む “11月7日までに日本を巨大地震が襲う可能性、要注意は10月20日前後 メキシコ地震から「環太平洋・時計回りの法則」で判明、じゃじ!?”

ぐぬぬぬ!!、八重山毎日「アベ一強、まだ続くのか。日本が本格的な戦争国家になってしまう・・・」

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/B18xwuB.jpg
社説「安倍一強」まだ続くのか
自公が引き続き3分の2議席確保か

 ■受け皿分散で漁夫の利

衆院選は22日の投開票に向けて大詰めを迎えた。
「安倍一強政治」が問われている今回の総選挙だが、各メディアの調査では序盤に続き中盤も、引き続き自民・公明の与党が300議席を超え、憲法改正に必要な3分の2にあたる310議席をうかがう情勢という。

選挙公示前に行われた時事通信の10月世論調査では、8月以来再び不支持(41・8%)が支持(37・1%)を上回り、学校法人「森友・加計学園」問題や野党が同問題の審議を要求した臨時国会冒頭に「今なら勝てる」で突然解散に踏み切ったことなどで「安倍首相不信」が依然続いている現状が明らかになり、与党に風が吹いているわけでもないのになぜそうなのか。

政権批判の受け皿になるはずだった民進党が、公示直後に小池百合子東京都知事の希望の党と枝野幸男氏の立憲民主党、それに無所属に3分裂し、受け皿が共産や維新、社民なども加えて従来以上に大きく分散したことが自民に“漁夫の利”となった形だ。 

特に希望の党の小池氏が民進のリベラル勢力を排除。保守色を前面に出して「安倍政権とどこがどう違うのか」と批判され、失速気味なのが大きい。

 ■沖縄の「国難」も続く

このまま与党が大勝でゴールまで駆け抜けるのか。
それだと国論を二分した特定秘密保護法、安全保障関連法、「共謀罪」法などを強行した「安倍一強」の“数のおごり”とまともな説明のない強権政治が依然として続き、今回の任期中には従来の手法で首相の悲願である「憲法9条改正」にいよいよ突き進むのはほぼ確実だろう。

それは一方で現在の北朝鮮情勢も利用して日本を本格的な「戦争国家」にするものだ。
そこは同じ与党の公明が言うようにそこまで国民議論は進んでいないが、強行の可能性は高い。

さらに「お友だち優遇」「国政の私物化」と野党から批判される森・加計問題もこれで幕引きとなるのか。

「安倍一強政治」が続くということは、歴代政権に比べてより強権的に沖縄に日米安保を押し付ける理不尽な沖縄差別がさらに続くということだ。

新石垣空港への緊急着陸など米軍のオスプレイ墜落や大型ヘリの不時着大破炎上などひん発する事故に、翁長知事は「こういう状況こそが沖縄にとっては国難」と首相の「国難突破選挙」をもじって批判し、さらに別の県幹部もいつもは米軍の言いなりが、選挙時はていねいになる首相らの対応を「いつもと違う」と皮肉った。

続きます
http://www.y-mainichi.co.jp/news/32414/

続きを読む “ぐぬぬぬ!!、八重山毎日「アベ一強、まだ続くのか。日本が本格的な戦争国家になってしまう・・・」”

わるいね!!、プーチン大統領、サハリンと大陸を結ぶ橋建設へすでに業者選定…建設費約5600億円。北海道と橋で結ぶ構想も日本の参画に期待

1 :(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/10/17(火) 22:24:17.55 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/edpd1FV.jpg ロシア本土とクリミアを結ぶ橋の建設をプーチン大統領の友人で大富豪のアルカディ・ローテンベルク氏率いる企業が
進める中で、大統領は次のメガプロジェクトを用意している。

そのプロジェクトとは、エネルギー資源に富むサハリンと本土を結ぶ橋の建設だ。
事情に詳しい関係者3人によると、大統領は建設費用を約2860億ルーブル(約5600億円)と見積もり、
ローテンベルク氏のストロイガスモンタシュが受注する見通しだという。

ローテンベルク氏、ストロイガスモンタシュともロシアのウクライナ介入による西側の制裁対象に指定されているため、
政府の大型プロジェクトは渡りに船だ。
サハリンと大陸を結ぶ橋の建設はスターリンが約70年前に計画したが、プーチン大統領がよみがえらせる格好になる。

橋の建設をストロイガスモンタシュに発注する決定はすでに下されているが、
建設開始の発表は来年になるかもしれないと、同社とロシア大統領府に詳しい関係者は述べた。
この内容は建設を監督する国営ロシア鉄道の別の関係者も確認した。
これらの関係者は協議が非公開だとして匿名を条件に語った。

大統領府のペスコフ報道官は、サハリンについて最終的な判断は下されていないと回答した。
ローテンベルク氏の代理人は、サハリンのプロジェクトにストロイガスモンタシュが
参画するかコメントするのは時期尚早だと述べた。

関係者2人によると、このプロジェクトに政府予算の拠出は不要で、現時点の想定では借入金によって賄う。
ロシア鉄道に近い関係者は、日本の銀行による融資も候補になるかもしれないと指摘。

これら関係者は、サハリンと北海道を橋で結ぶ構想がロシア側にはあり、
ロシアは日本の参画を当てにしているが、日本政府との交渉や合意はまだないと付け加えた。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-17/OXXDRJ6JTSE801

地図・ルート
http://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/ipZU.wKbVoV0/v3/-1x-1.png

続きを読む “わるいね!!、プーチン大統領、サハリンと大陸を結ぶ橋建設へすでに業者選定…建設費約5600億円。北海道と橋で結ぶ構想も日本の参画に期待”

韓国紙「トランプが訪日で3泊して安倍とゴルフするのに訪韓が1泊なのは冷遇ニダ!説得して撤回させろ!」、日本の#!

1 :名無しさん@涙目です。:2017/10/16(月) 23:32:35.46 ID:0I+yQVoH0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/odIGMkg.jpg
【中央日報】 トランプの初訪韓、短すぎる1泊2日は理解しがたい

来月、初めてのアジア歴訪を行うドナルド・トランプ米国大統領が、韓国ではたった1泊2日しか滞在しないかもしれないという。
これに比べ、日本は3泊4日の可能性が高い。
オバマ-ブッシュ-クリントンら元米大統領のアジア歴訪の際は、韓日での訪問日数が全く同じかほぼ同じだった点と比べると、ただ事ではない。

今回の歴訪は北東アジア諸国との関係強化が目的だが、さらに重要なことは北核問題の解決に向けて関連国と意見を交わすことだ。
それでも北核脅威が最も深刻な紛争当事国である韓国を足早に通り過ぎる日程はどこを見ても腑に落ちない。
ひょっとしたら「止むを得ず立ち寄る」という印象まで与えかねないものだ。

外交当局は、日本滞在期間中の2日間は休日である上、量より質が重要だと言い繕うかもしれない。
だが、滞在期間の長さも絶対に無視することはできない。
ぎこちない関係では、長く一緒に過ごすほどさらに仲良くなるものだ。

その上、日本政府は休日を利用してトランプと安倍晋三首相のゴルフスケジュールを入れる予定だという。
2人は2月に安倍が訪米した時も、トランプのフロリダ州別荘で一緒にゴルフをして親睦を図ったことがある。
トランプは就任後も前任大統領の誰よりもゴルフ狂として有名だ。

このようなトランプにとって、「ゴルフ会合」はどうしても格別な意味が含まれるミーティングになる。
そうでなくても安倍に比べて文在寅大統領とトランプの関係がぎくしゃくしている時に、訪韓日程が1泊2日に決まってしまうことは困惑この上ない。
韓国への米国の配慮と関心がそれほどしかならないという印象を北朝鮮と国際社会に与えかねないためだ。

このようなことから、外交当局は今回の歴訪時にトランプが少なくとも日本と同様に韓国に留まるように米政府を説得しなければならない。
トランプ大統領の短い訪問が、同盟国の米国からも冷遇されている国というマイナスの印象を残すことになったら、北朝鮮の誤った判断をまねくかもしれないためだ。

http://editorial.x-winz.net/ed-77093

続きを読む “韓国紙「トランプが訪日で3泊して安倍とゴルフするのに訪韓が1泊なのは冷遇ニダ!説得して撤回させろ!」、日本の#!”

わるいね^^^、ドイツの年平均労働時間は1371時間(日本は1719時間) ドイツGDPは絶好調 なぜなのか?

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/qZb5j8m.jpg
長時間労働で「管理職に罰金刑」ドイツの実際 ドイツ好況は「1日8時間労働」で実現した

労働時間は短いのに、経済は絶好調のドイツ。『5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人』の著者であり、元NHK記者でドイツ在住27年の熊谷徹氏が、
“残業が当たり前の日本"と“残業しないのが当たり前のドイツ"の違いを徹底分析し、ドイツの法律や、働き方の制度について解説します。

■1日10時間を超えて働いてはならない
私は1990年から27年間、ドイツで働いている。それ以前は8年間、NHK(日本放送協会)の記者として働いていた。日本とドイツの働き方は、かなり違う。
真逆といってよいかもしれない。

ドイツに日本人駐在員が着任すると、日本では考えられないレベルの短い労働時間に驚く。というのも大半のドイツ人サラリーマンは管理職でもない限り、
ほとんど残業をしない。

「なぜ、こんな短い労働時間でも仕事や経済が回っているのですか?」

この手の質問を私はもう何度も、日本人から受けてきた。あえてわかりやすい言い方をすると、ドイツ人は午後5時まで頑張って働き、
日本人は午後5時から頑張って残業する。ドイツでは午後3時に退勤するケースもあるくらいだが、それでもドイツ経済は絶好調である。

ドイツの年平均労働時間は1371時間(日本は1719時間)とかなり短いにもかかわらず、労働生産性は日本を約46%も上回っている。労働生産性とは、
1人が1時間に生み出すGDP(国内総生産)のことである。

2016年の1人当たりのGDPを比べると、ドイツ(4万1902ドル=約486万円)が日本(3万8917ドル=約451万円)を上回る(IMF・国際通貨基金調べ)。

なぜ、こうも日本とドイツは違うのか? 大前提として、ドイツでは法律で企業での労働時間に上限規制をかけている。これは残業時間の上限規制よりも厳しい。

すべての人に、人生を楽しむ権利がある。仕事だけではなく、自分や家族のために時間を使うことは、悪ではない。

https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/bizskills/toyokeizai-192674.html

続きを読む “わるいね^^^、ドイツの年平均労働時間は1371時間(日本は1719時間) ドイツGDPは絶好調 なぜなのか?”

Scroll Up