「素晴らしいチームワークで新記録、日本の底力を示してくれた」 平昌五輪スピードスケート女子金メダルの高木姉妹らを祝福、確実に心の+#+

1 :夕凪らっこちゃん ★:2018/02/22(木) 00:47:58.00 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/jNBl7BN.jpg  安倍晋三首相は21日、平昌五輪のスピードスケート女子団体追い抜きで日本が初の金メダルを獲得したことを受け、
インターネット交流サイト(SNS)のインスタグラムに祝福のコメントを寄せた。
 首相は「素晴らしいチームワークで逆転し、オリンピック新記録での金メダル。まさに日本の底力を示してくれました!」とたたえた。 (2018/02/21-2

スピードスケート女子団体追い抜きで金メダルを獲得して喜ぶ(左から)佐藤、高木美、菊池、高木菜=21日、韓国・江陵
https://www.jiji.com/news/kiji_photos/0180221fl92_p.jpg

ソース、 02/21-23:01 時事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018022101287&g=pol

安倍晋三さん(@shinzoabe) のInstagram
https://www.instagram.com/shinzoabe/?hl=ja

続きを読む “「素晴らしいチームワークで新記録、日本の底力を示してくれた」 平昌五輪スピードスケート女子金メダルの高木姉妹らを祝福、確実に心の+#+”

アイドルの心と身体を蝕む接触商法。握手会が怖い。、だから握手で!?

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/02(金) 10:54:34.70 ID:IFSu//sB0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/IBU70cn.jpg http://img.5ch.net/ico/nida.gif
電撃卒業の生駒里奈から見る“接触商法”の功罪 アイドルの「働き方改革」が必要に?

アイドルの生命線となった「握手会」、だが精神的な疲弊は限界に!?

 現在日本には、地下アイドルを含めればアイドルグループの数は4000組以上とも言われる。
もはや誰でもアイドルを名乗れる時代であると同時に、アイドルを辞めることへの精神的なハードルも低くなった。
そのため、彼女らに“アイドル然とした覚悟”を求められる時代でもなくなった。
ただし、この“アイドル戦国時代”を勝ち抜き、TVや雑誌で日の目を浴びるのは並大抵のことではない。そうした中、アイドルが生き抜いていくために産み出したのが“接触商法”だ。

 “接触商法”とは、アイドルと直接触れ合えることをウリにするイベントや商品のことを差し、代表例としては「ハイタッチ会」、「握手会」、「ツーショットチェキ」などがある。
事実、日本のアイドルシーンを牽引するAKBグループにとって「握手会」はファンとメンバーを繋ぐ大切な行事となっている。
AKBクラスともなれば「握手会」に10万人が集まることもあり、運営側にとってもCDやグッズの売上を得るためのビジネスとして欠かすことのできないイベントとなっている。

 しかし、アイドル側の立場になってみると別の側面が見えてくる。握手会では数千人の見ず知らずの相手と握手をしなければならず、精神面・体力面での負担が大きいことは容易に想像できる。
NMB48の山本彩は自身が出演したドキュメンタリー映画で“9時間”対応したと語るなど、「握手会」の長時間対応も常態化。
実際、テレビ番組の相談コーナーでHKT48・草場愛は「男性が怖い」、「握手会が嫌」といった悩みを指原莉乃に打ち明けたことも。

 ファンとアイドルが触れ合える場として認識される「握手会」では、グループ内での人気が如実に分かってしまうプレッシャーや、アンチが“説教をする”、“罵声を浴びせる”などの問題もあるという。
卒業を発表した乃木坂・生駒もアンチからの攻撃に悩んでいたとされ「握手会」も休みがちだったという。2017年8月1日の公式ブログで生駒は「握手会、欠席してしまいすみませんでした。
皆さんの優しさや、期待に応えられる状態ではなかったのです」とコメント。さらに「アイドルだけど、根っこは普通の人なんだ」と苦しい胸のうちを明かしていた。だが、会場でアイドルたちが疲れた顔を見せたり、塩対応でもしようものなら、SNSでファンたちに叩かれたり炎上してしまうのが現状なのだ。
https://www.oricon.co.jp/special/50687/

続きを読む “アイドルの心と身体を蝕む接触商法。握手会が怖い。、だから握手で!?”

全く心+#+、世田谷区の公園で爆発 トイレの扉壊れる

1 :たんぽぽ ★:2018/01/31(水) 11:45:59.94 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/d5U2qxp.jpg https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180131-00000010-ann-soci
テレビ朝日系(ANN)

 31日午前8時前、東京・世田谷区の公園のトイレで爆発があり、男性がけがをしました。

 警視庁によりますと、午前7時40分ごろ、世田谷区上馬の上馬北公園にある公衆トイレで、「ドーン」という大きな音がしたと近くにいた女性から110番通報がありました。警察官や消防隊が駆け付けたところ、すでに火は消えていましたが、トイレの扉が壊れるなどしていました。中にいた30代の男性が顔をやけどするなどのけがをしましたが、命に別状はないということです。現場にはカセットボンベが残されていて、警視庁は男性がトイレの個室内でガスを充満させてライターで火を付けたとみて、事情を詳しく聴いています。

続きを読む “全く心+#+、世田谷区の公園で爆発 トイレの扉壊れる”

ぐぬぬぬ!?、安倍の訪韓は当然の判断。元慰安婦らの心の傷をいかに癒やすかが合意の本質だ。

1 :名無しさん@涙目です。:2018/01/25(木) 08:32:32.51 ID:u4m1DvAv0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/7Dm7Drz.jpg http://img.5ch.net/ico/nida.gif
【朝日新聞】 首相訪韓へ 平和を築く決意の場に

韓国で来月9日に始まる平昌冬季五輪の開会式に、安倍首相が出席する意向を表明した。
当然の判断である。東アジアはこれから平昌を皮切りに、東京、北京と2年ごとに五輪の舞台となる。そのスタートの式典に日本の首相の姿がなければ、何とも不自然だろう。
自民党の一部には、最近の慰安婦問題をめぐる韓国の動きに反発し、出席に否定的な声がくすぶっている。だが、政府間の摩擦を理由に、五輪の式典参加を左右させるのは不見識だ。
国際的な対立や困難を乗り越える平和の祭典の実現に最大限協力するのが、日本のあるべき姿である。

日韓両政府の関係を立て直すうえでも、首相の訪韓は好ましい。この機を逃さず、文在寅大統領と腹蔵のない意見交換を図り、異論があっても自然に対話できる関係を築くべきだ。
首相は、2年前に結んだ慰安婦問題をめぐる日韓合意の履行と北朝鮮問題を話し合いたい、としている。
韓国側は合意をめぐる新方針として、日本に再交渉は求めないとしつつ、自発的な誠意ある行動を期待すると呼びかけた。
日韓双方が汗をかき、困難な決断をした合意であり、尊重すべきだ。元慰安婦らの心の傷をいかに癒やすかが合意の本質だったことも忘れてなるまい。
ただ、政府が合意しても、不幸な歴史をめぐる国民感情をときほぐすには時間を要し、その過程では両政府の不断の行動の積み重ねが求められる。
その意味で安倍政権が、合意ですべてが解決したかのように振るまうのは適切ではない。

(中略)
喫緊の懸案である北朝鮮問題をめぐっては、金正恩政権が韓国との対話に乗りだす局面が新たに生まれている。
これを本格的な緊張緩和につなげるには、やがて米朝、日朝の対話へも導く必要がある。その意味でも日韓と米国の緊密な意思疎通が欠かせない。
脅威は依然衰えぬままだが、北朝鮮の選手団も加わって平昌五輪は幕を開ける。だからこそ日韓首脳は肩を並べて祭典を祝し、ともに平和への決意を示さなければならない。
そのうえで今回の首相の訪韓を、両首脳が合意している「シャトル外交」再開に向けた一歩とするよう望みたい。

http://www.asahi.com/articles/DA3S13328685.html
http://editorial.x-winz.net/ed-85505

続きを読む “ぐぬぬぬ!?、安倍の訪韓は当然の判断。元慰安婦らの心の傷をいかに癒やすかが合意の本質だ。”

こりゃ#!、泣くことには心のデトックス効果があるらしい。お勧めの泣けるコミック・映画を教えてくれ。

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/m73jens.jpg http://img.5ch.net/premium/6931153.gif
感情を抑えることが美徳とされる日本社会で、「ハンサム」な男性に涙を拭ってもらうサービスが人気を集めていると、ナショナルジオグラフィック協会のウェブサイトが伝えている。
このサービスは、日本の実業家である寺井広樹氏が発案した「涙活」に基づいた「イケメソ宅泣便」。
「涙活 Official website」によると、「涙活」とは「能動的に涙を流すことによって心のデトックスを図る活動」のこと。
「日経ウーマンオンライン」は、意識的に泣くことが医学的にみても理にかなったストレス解消法だとして、
「涙を流すことによって、緊張やストレスに関係する交感神経から、脳がリラックスした状態の副交感神経へとスイッチが切り替わる」との専門家の話を伝えている。
中でも「イケメソ宅泣便」は、「イケメソ男子がオフィスに出張して涙を拭う『法人限定』サービス」(「涙活 Official website」より)。
同サービスのウェブサイトは、「イケメソ男子(イケメンでメソメソ泣く男性)がオフィスに出張涙活。泣ける動画などを一緒に見て泣いてスッキリしていただきます」としている。

https://jp.sputniknews.com/japan/201801184484083/

続きを読む “こりゃ#!、泣くことには心のデトックス効果があるらしい。お勧めの泣けるコミック・映画を教えてくれ。”

信じら$+$、大阪大スウェーデン語研究室 ムーミン舞台の設問、意見書提出へ フィンランド大使館「ムーミン谷は皆さんの心の中に」

1 :ばーど ★:2018/01/15(月) 17:44:42.59 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/3xXTkzm.jpg 大学入試センター試験の地理Bで人気キャラクターのムーミンを取り上げた問題について、大阪大大学院のスウェーデン語研究室は15日、「原作ではムーミンの舞台はフィンランドとは断定できない」と疑問視する見解を明らかにした。

 試験問題では「ノルウェーとフィンランドを舞台にしたアニメーション」としてムーミンと「小さなバイキングビッケ」を挙げ、例示した両国の言語との正しい組み合わせを選ぶよう求めた。

 古谷大輔准教授(北欧史)は「スウェーデン語系フィンランド人作家が、スウェーデン語で書いた一連の物語の舞台は、架空の場所のムーミン谷とされる。フィンランドが舞台だと明示されていない」と指摘。「ビッケもノルウェーが舞台とは断言できない」とし、研究室として、舞台の国を特定した根拠の説明を求める意見書を、近く同センターに提出する。

 古谷准教授は「センター試験の社会的信用を維持するためにも根拠を示してほしい」と話す。

 同センターの担当者は取材に「意見書の内容を見て対応を検討する」としている。在日フィンランド大使館の広報担当者は「ムーミンが注目されることはうれしい。ムーミン谷は物語を愛する皆さんの心の中にある」とコメントしている。

配信2018年1月15日 17:28
スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2018/01/15/kiji/20180115s00042000169000c.html

続きを読む “信じら$+$、大阪大スウェーデン語研究室 ムーミン舞台の設問、意見書提出へ フィンランド大使館「ムーミン谷は皆さんの心の中に」”

Scroll Up