ジワジワく!!、PAC3配備に住民の不安の声「島根には落ちないと思う。でも迎撃したら破片が落ちてくる」

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Wa2BN1Q.jpg
航空自衛隊の地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)が配備された中四国4県。
地元の住民からは「どう対応すればいいのか」という不安や配備を疑問視する声が聞かれた。

配備先の海田市(かいたいち)駐屯地がある広島県海田町は広島市に隣接する。

広島県原爆被害者団体協議会の佐久間邦彦理事長(72)は「軍事的な挑発に対し、日本が行動を取ることが、
北朝鮮に刺激を与え、核戦争へとつながるかもしれない」と危惧。
「政府には国民の心配をあおらず、冷静になれと言いたい。話し合いで、北朝鮮に『このような行為はやめろ』と伝えてほしい」と訴えた。

出雲駐屯地の地元、出雲市の郷土史家、卜部(うらべ)忠治さん(94)は「北朝鮮は本当に撃ってくるだろう。
島根にミサイルが落ちてくることはないと思うが、もし迎撃ミサイルを撃てば破片が落ちてくるのではないか」と心配そうに話した。

高知駐屯地への配備について高知市の会社員、光山博子さん(61)は「PAC3を配備すれば、逆に北朝鮮から狙われるのではないか。
日本は米国と北朝鮮の間に位置し、戦争になってほしくない」と話す。
ミサイルが高知上空を通過する可能性があることについても「通過せずに落ちたらおしまいで怖い。でも、ミサイルを防ぐためと言って
戦争になるのはいやだ」。

松山駐屯地がある松山市の主婦、鎌田やよいさん(41)は「小中学校に通う2人の子がいるが、子どもしかいない時に
ミサイルが落ちたらと思うと怖い。地震に対する知識や訓練の経験はあるが、ミサイルにはどう対応すればいいのか」と
不安げな様子だった。【竹下理子、根岸愛実、松原由佳、花澤葵】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000100-mai-soci

続きを読む “ジワジワく!!、PAC3配備に住民の不安の声「島根には落ちないと思う。でも迎撃したら破片が落ちてくる」”

北海道夕張市破綻から10年、若者去り税金上がり続け…住民に広がる諦めムード、信じら^^^

1 :名無しさん@涙目です。(北海道)@\(^o^)/ [US]:2017/07/17(月) 18:38:04.25 ID:NupG58We0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/R3Ux4O2.jpg
もう一度破綻しかねない

 財政破綻から10年という節目の2016年、夕張市は地方創生を追い風に、「計画」に縛られた閉塞状態から一歩前に踏みだそうと動き出した。
指揮を執るのは2011年4月に、当時全国最年少(30歳1ヵ月)で市長になった鈴木直道氏だ。

 埼玉県三郷市出身で夕張とは縁もゆかりもなかったが、転機となったのは2008年。東京都から夕張市へ出向する派遣職員として職場で推薦され
、期限付きのヒラ職員としてこの地にやってきたのだった。

 1年の任期を延長し、2年2ヵ月夕張市役所で働いた後、東京に帰る年に市民から「あなたが市長選に立候補してほしい」と依頼を受けた。鈴木氏は、東京都職員という安定した職を捨て
、先行きの見えない夕張市の舵取りを担うべく選挙に立つ。

 石原慎太郎・東京都知事や猪瀬直樹・都副知事(いずれも当時)が選挙カーに立って応援するなどの支援もあり、見事当選。現在2期目を務めている。

 鈴木市長が就任した際に残されていた借金の総額は322億円。その2年後から利息に加え元金の償還が始まり、毎年26億円を14年間にわたって返済しなければならなくなった。
一方、税収は年間8億円足らず。地方交付税の補填があるとは言え、市職員の給与カットや住民サービスの徹底的な切り下げを行わなければ返済不可能な金額だ。

 鈴木市長は言う。

 「家計にたとえれば、500万円の収入で、食費・光熱費などを出して、そのうえ260万円もの借金を返済する感覚です。住民サービスはすでに徹底的に切り下げており、これ以上削れる事業はありません。

 財政再生計画は、夕張市の財政を建て直すことが最優先されており、夕張市民が負担に耐えられるかという観点が抜け落ちている。このままでは17年後(2027年)には財政再建できるかもしれないが、
夕張市そのものが消滅してしまうかもしれないと思いました」

 鈴木氏は、有識者による第三者委員会「夕張市の再生方策に関する検討委員会」を設置して、夕張再生の施策を検討してもらった。2016年、
委員会が提出した報告書には緊縮一辺倒の市政に対する懸念が多数盛り込まれた。

 「『最高の負担、最低のサービス』という表現が使われるところに人は来ない」

 「『何を要望しても叶わない』という諦めムードが、住民生活に深い影を落としている」

 「財政再生計画が終わった時点で、市職員、派遣職員ともいなくなり、組織が成り立たなくなっているのではという危機を感じる」

 「夕張市は破綻から10年を経て、116億円の借金を返済してきた。しかし、夕張市全体が限界に来ていると感じた。何とかしなければ『2度目の破綻』ともいうべき事態になってしまうという切迫感を感じる」

 財政破綻から10年。止まっていた時計の針を動かすことができるのか。人口が3割減少し、市職員が大量退職した夕張市にとってはまだまだ険しい道が続いていく。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170717-00052287-gendaibiz-pol&p=3

続きを読む “北海道夕張市破綻から10年、若者去り税金上がり続け…住民に広がる諦めムード、信じら^^^”

あの反日板の住民がBBQオフ、グッさあ^^^

1 :名無しさん@涙目です。(岡山県)@\(^o^)/ [DE]:2017/07/16(日) 10:33:48.95 ID:1p+Key5h0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/cPLvymY.jpg
1 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2017/07/16(日) 08:42:25.92 ● BE:449241915-2BP(2000)

嫌儲大阪BBQオフ

7月16日
鶴見緑地公園
10時〜17時まで(途中参加帰宅おk)

・集合場所
10時に鶴見緑地公園駅前の階段を上がったとこにあるスケボー等禁止看板周辺
http://i.imgur.com/LRftdPj.jpg

・参加費
2000円

・参加費用途 
レンタルツール
炭網使い捨て皿などの購入費
食材等の買出し代

・参加申請はこちら↓
http://tonton.amaneku.com/list.php?id=20170628005155_aODZ6l

・幹事連絡先
kenmou_osaka@ahk.jp

※朝の買出しに参加したい方は
9時に横堤駅に集合

自腹持ち込み歓迎

http://www.excite.co.jp/News/lifestyle/20170711/Gnavi_3156715.html

ソース
【乞食速報】いよいよ今日7/16は2000円で肉が食える嫌儲BBQ!!!!急げ!しばくぞっ!!!! ☆2 [無断転載禁止]©2ch.net [449241915]
http://leia.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1500162145/

続きを読む “あの反日板の住民がBBQオフ、グッさあ^^^”

そうじゃん#!、9月からトラックの旅客運送解禁 過疎地で住民の足確保

1 :ばーど ★:2017/07/02(日) 15:46:17.42 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Q1m83kk.jpg 国土交通省は30日、トラック(貨物車)が旅客を乗せたり、タクシーや貸し切りバスが貨物を運んだりする「貨客混載」を、9月1日から解禁する方針を明らかにした。
人口減少が進む過疎地が主な対象で、住民の足を確保するとともに貨物配送の効率化が狙い。

利用者が多い朝夕は客を運び、利用者が少ない日中は貨物を運ぶ「掛け持ち」が可能となるため、これらの需要が減っている地域でも運輸業者が営業を続けていけるようになると同省は期待している。
貨客混載に使うトラックに関し同省は荷台に客を乗せることは想定しておらず、ワゴン車など旅客輸送に適したタイプを考えている。

配信 2017/7/1 00:15
共同通信
https://this.kiji.is/253481384064450567?c=39546741839462401

続きを読む “そうじゃん#!、9月からトラックの旅客運送解禁 過疎地で住民の足確保”

住民の??、「15メートル津波」の試算が焦点に 原発事故初公判 [6/30] 衝撃的な試算を認識しながら、漫然と原発の運転を続けた

1 :ののの ★:2017/06/30(金) 18:53:13.61 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/5YVd890.jpg http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18312020Q7A630C1CC0000/

2017/6/30 13:52

 「高さ10メートルの敷地を超えて津波が襲来するという衝撃的な試算を認識しながら、漫然と原発の運転を続けた」。検察官役の指定弁護士は30日の初公判で、安全に対する電力会社経営陣の責任を厳しい言葉で指摘した。

 指定弁護士が「衝撃的」としたのは、東日本大震災の3年前、2008年に東電が得た試算だ。政府機関の長期評価を基に15.7メートルの津波が起こる可能性に触れた。当時、福島第1原発では5.7メートルの高さまでしか想定していなかった。

 ただ、試算への評価は割れる。3人を2度にわたり不起訴とした東京地検は「巨大津波の襲来を予見できたと認めるのは困難」と結論づけた。基になった長期評価の信頼度はそれほど高くはなく、東日本大震災ほどの巨大地震を予測するのは難しかった、とした。

 裁判では、この試算が東電社内でどのように検討されたかも焦点になる見通しだ。

 指定弁護士の冒頭陳述によると、08年3月に試算がまとまった後、6月には担当者が原発担当執行役員だった武藤栄元副社長に説明。担当者は「原子炉建屋を守るには、海抜10メートルの敷地に10メートルの防潮堤を設置する必要がある」と伝えた。武黒一郎元副社長もその後、報告を受けた。

 武藤元副社長は、津波の影響を小さくする方法や、沖に防潮堤を設けるための許認可手続きについて検討を指示した。しかし7月に再度の説明を受けて「当面は従来の評価基準で津波対策を検討する」と判断。専門家でつくる土木学会に調査を委ねるよう指示し、対策は取られなかった。

 勝俣元会長は地検の調べに対し「試算の報告は受けていない」と説明。だが、指定弁護士は「御前会議」と呼ばれる幹部らの打ち合わせで、09年2月に部下が「14メートル程度の津波が来る可能性があるという人(専門家)もいる」と発言したことを挙げ、元会長も巨大津波を予見していたと述べた。

 原発の担当者らは試算の信頼度をどう評価していたのか、必要な対策をどう検討し、なぜ先送りしたのか。関係者の証人尋問を通じて、これまで明らかになっていなかった08年当時の状況が判明する可能性もある。

続きを読む “住民の??、「15メートル津波」の試算が焦点に 原発事故初公判 [6/30] 衝撃的な試算を認識しながら、漫然と原発の運転を続けた”

不可能だよ!!、メガソーラー建設、住民から苦情相次ぐ 隣接民家に強風直撃 防風フェンス吹き飛ぶ 霧島市

1 :ティータイム ★:2017/06/16(金) 13:12:25.17 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/tLv9WE5.jpg 西日本新聞 6/16(金) 11:55配信 最終更新:6/16(金) 12:57

鹿児島県霧島市牧園町の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設で、県が当初許可した計画とは異なる開発が行われ、近隣住民から苦情が相次いでいる。
民家が並ぶ建設地の南側に防風林を整備する計画だったが、実行されず、標高差が45メートルある北側から南側に風が吹き下ろす状況になったためだ。急きょ防風フェンスが設置されたが、4月に強風で吹き飛んだ。
「台風が来たらどうなるのか」。住民は不安を募らせる。

メガソーラーは大阪府の業者が計画。開発区域面積は東京ドーム8個分の約38ヘクタールで、斜面だった森林を伐採し、地上から最大で20メートル以上掘り下げて造成した。
パネル約7万8千枚を設け、出力17・5メガワットの発電規模になり、11月ごろ完成予定だ。

業者は建設地の南側に住む会社員男性(58)から風や騒音の苦情を受けて今年2月、高さ約5メートルの防風フェンス兼防音シートを約80メートルにわたって設置。ところが4月10日、強風で吹き飛び骨組みだけになった。

■「南側民家への影響を検討する議論はなかった」
もともと住宅地との間には高木性樹木を一定割合で植栽し、森林を再生する「造成森林」を造る計画だった。
しかし、計画地に岩盤があり、植栽は不可能として、業者は4月、芝生を張る造成緑地に変更する届けを出し、県は受理した。

男性は「植栽できないから仕方ないで済まされる問題なのか。県は許可に当たって風の影響を考えていたのか」と憤る。

県が林地の開発許可を出したのは2015年10月。「災害発生や周辺地域の環境を著しく悪化させる恐れがない」との条件を満たすと判断した。この条件に、強風の懸念が考慮されたのかが問われている。

計画の適否は県森林審議会の森林保全部会が現地視察などを行い、実質的な検討を行ったが、県担当者は「部会では南側民家への影響を検討する議論はなかった」と明かす。

部会長の地頭薗隆鹿児島大教授は「住民の生活環境に影響を与えないとして許可した。計画通りでなくなれば住民に説明し、対応をとらなくてはいけない」とするが、
今回の変更の妥当性については「個別の案件には答えられない」と述べるにとどめた。

九州大大学院の佐藤宣子教授(森林政策学)は「植栽が可能かの確認や民家への影響は慎重に検討がなされるべきだ」と指摘する。

強風で吹き飛んだ防風フェンス。幸い道路を隔てた民家に被害はなかった=4月11日、鹿児島県霧島市
http://www.nishinippon.co.jp/import/national/20170615/201706150007_000.jpg?1497513663
開発業者が住民説明会で示した航空写真。赤線で囲った場所が開発地域で、南側には民家が広がる
http://www.nishinippon.co.jp/import/national/20170615/201706150007_001.jpg?1497513663

http://www.nishinippon.co.jp/import/national/20170615/201706150007_002.jpg?1497513663

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00010005-nishinpc-soci

続きを読む “不可能だよ!!、メガソーラー建設、住民から苦情相次ぐ 隣接民家に強風直撃 防風フェンス吹き飛ぶ 霧島市”

Scroll Up