経団連会長「賃上げのギア加速を」 春季労使交渉、ラッキーかな$+$

1 :孤高の旅人 ★:2018/01/22(月) 12:42:59.45 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/js5VZWc.jpg 経団連会長「賃上げのギア加速を」 春季労使交渉
2018/1/22 11:50

 2018年の春季労使交渉が事実上始まった。経団連の榊原定征会長は22日午前、経団連が開いた労使フォーラムで講演し「(これまで)4年間の賃上げをデフレからの完全脱却につなげるには、経営者が積極経営のギアをチェンジすることが必要だ」と強調した。ギア加速の具体策として、賃上げについては企業に「踏み込んだ対応」を求めた。

 労使フォーラムでは主要企業の労使関係者が18年の交渉について議論する。午後には連合の神津里季生会長も講演。23日には経団連と連合のトップ会談を予定する。2月以降に各社の労使交渉が始まり、3月中旬の集中回答日を迎える。
 政府はデフレ脱却に向けて3%の賃上げを経済界に求めている。榊原氏はこうした要請に呼応し、22日の講演でも「長期間にわたる景気回復が続くなか、賃上げに対する社会的な関心は非常に高い」と指摘。ベースアップ(ベア)と定期昇給をあわせた月例賃金、年収ベースでの賃上げを「社会的な期待」と位置づけて企業に積極的な対応を促した。
 榊原氏は、14年4月の消費税率8%への引き上げ時の状況を振り返り「消費の落ち込みが予想をはるかに超えて長引いた」と強調した。19年10月には消費税率10%への引き上げを予定しており「増税の影響をできるだけ小さくするには、今年からの2年間の対応が非常に重要だ」と訴えた。
 経団連は財政再建に向けては計画通りの消費増税が必要だと主張している。榊原氏は賃上げで増税に向けた環境づくりを求めた形だ。
 また榊原氏は19年4月にも導入される残業時間の上限制に向けて「生産性向上や商慣行の見直しなど官民一体となって働き方改革を実行しなければならない」と話した。上限制には経団連も賛同しており「痛ましい過労死や過労自殺を絶対に起こしてはならないという意志だ」と強調した。
 連合の神津会長は22日午後の講演でベアの必要性や、大企業と中小企業の賃金格差の是正を訴える見通しだ。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25971690S8A120C1MM0000/

続きを読む “経団連会長「賃上げのギア加速を」 春季労使交渉、ラッキーかな$+$”

いいね!?、三菱東京UFJ銀行「紙の通帳を使う人には、毎年手数料を払ってもらおう」

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/u1sMajO.jpg http://img.5ch.net/ico/pc3.gif
 超低金利で国内事業の収益が悪化しているメガバンクが、預金口座の維持コストの軽減策を検討し始めた。
三菱東京UFJ銀行では、負担が重い紙の通帳を有料化し、低コストのネット利用を促す案が浮上。他の銀行も
様々な方策を検討している。ただ超低金利でほとんど利息がない中、単に預金者に負担を求める方法では
反発が予想され、各行は慎重に検討を進める。

 最大手の三菱東京UFJ銀行では、「通帳発行手数料」の導入が議論され始めた。紙の通帳を使う場合は、
預金者から毎年手数料を取る案が出ている。紙の通帳を発行せずネット通帳で確認する場合は無料のままにする。

 背景にあるのが銀行側の税負担だ。国税庁によると、通帳が発行される口座について、銀行は毎年200円の
印紙税を払う。通帳を発行しない口座はかからない。

 三菱UFJは約4千万口座あり…
https://www.asahi.com/articles/ASL1K44C0L1KULFA006.html

続きを読む “いいね!?、三菱東京UFJ銀行「紙の通帳を使う人には、毎年手数料を払ってもらおう」”

1泊15万円! 東京・奥多摩町に豪華キャンプ場、滅相も+#+

1 :孤高の旅人 ★:2018/01/18(木) 08:11:49.33 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/uO8cG4B.jpg 1泊15万円! 東京・奥多摩町に豪華キャンプ場
2018年1月17日 18時30分

 東京・奥多摩町に1泊で15万円という豪華なキャンプ場が誕生します。「グランピング」と呼ばれる、豪華キャンプ場としては都内最大級となる施設です。3月のオープンを前に、その内容が公開されました。

 東京都心から車で約2時間の東京都と山梨県との境に近い場所にオープンするグランピング場は、奥多摩の大自然に囲まれた山の中で、目の前には奥多摩湖が広がっています。グランピングは、魅力的を意味する「グラマラス」と「キャンピング」を合わせた造語です。

 用意されたテントの中はホテルのような部屋になっていて、ベッドをはじめ、ソファやテーブルなどアンティークの家具が並び、その総額は2000万円を超えます。宿泊中はキャンプファイアができるほか、シェフがコース料理を振る舞うなど、ホテルさながらのサービスが楽しめ、テントの1泊の料金は1人15万円となっています。グランピング場を運営するノックスインタービレッジの石山学CEOは「キャンプと名前が付くが、自然環境の中で快適に過ごしていただくのが私たちの目標。ほぼ手ぶらでキャンプが楽しめる」とPRしています。

 オープンを前に、1月18日から開かれる体験イベントではサーカスをテーマに内装が違う5つのテントが用意され、合わせて15組が宿泊しますが、300組を超える応募が集まる人気ぶりだということです。運営者は「今までキャンプをしたことがなかった人も安心して泊まってもらえる。キャンプが好きな人も、違うコンテンツとして楽しんでもらえると思う」(石山CEO)としています。

 テントが常設される約4000平方メートルの敷地は、奥多摩町が事業者に貸し出します。現場を視察した奥多摩町の河村町長は「新たな観光の第一歩がこの春から始まると感じた。これを見ると、泊まってみたいですね」と感想を語りました。

 奥多摩町のグランピング場は3月1日にオープンする予定で、2月から宿泊の予約を始めるということです。
http://s.mxtv.jp/mxnews/kiji.php?date=46512517

続きを読む “1泊15万円! 東京・奥多摩町に豪華キャンプ場、滅相も+#+”

どっちにしろ#!、GM、19年に無ハンドル車 「レベル4」の自動運転で量産先陣も

1 :ハンバーグタイカレー ★:2018/01/13(土) 08:28:16.93 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/xQmkrtK.jpg http://www.sankei.com/smp/economy/news/180113/ecn1801130019-s1.html

 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は12日、ハンドルやアクセルペダル、ブレーキペダルのない量産可能な自動運転車を2019年に実用化すると発表した。特定の場所を走るといった一定の条件下で、全ての操作をシステムが担う「レベル4」に分類される自動運転の技術を搭載する世界初の量産車になる可能性がある。

完全な自動運転車の実用化を目指す米IT大手グーグル系のウェイモや日本勢を含む他の自動車メーカーなどとの先陣争いが一段と激化しそうだ。

 新車両「クルーズAV」は、小型電気自動車「シボレー・ボルトEV」をベースに開発する。ロイター通信によると、GMは11日、この車を走行させる許可を米政府に申請したという。

 GMは昨年11月、運転手が不要な「無人タクシー」を19年に事業化する計画を明らかにしており、当初はクルーズAVを無人タクシーとして使う方針だ。(共同)

http://www.sankei.com/images/news/180113/ecn1801130019-p1.jpg

続きを読む “どっちにしろ#!、GM、19年に無ハンドル車 「レベル4」の自動運転で量産先陣も”

毎日食うの$+$、野菜高騰、ハクサイ2倍=鍋の季節に家計圧迫—農水省

1 :ぐう@なごみ ★:2018/01/10(水) 19:04:29.06 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/09VC1Jr.jpg  昨年秋の台風や長雨などの影響で野菜の価格が高騰している。農林水産省が10日公表した野菜の価格動向調査によると、全国平均の小売価格はハクサイやレタスなどを中心に、平年に比べて2倍超に値上がりした。鍋物シーズンで需要が高まる当面の間は高値が続く見通しで、家計を圧迫しそうだ。

 1キロ当たりの価格は、レタスが約2.4倍の1230円、キャベツは2.1倍の326円だった。ダイコンとハクサイもそれぞれ2倍強に値上がりしている。一方、トマトは16%の上昇にとどまった。

 高値の背景には、10月の台風21号や秋以降に続いた長雨に伴う低温の影響が関東地方を中心に広がり、生育環境が悪化したことがある。農水省によると、種まきや苗を植える時期に天候不順が重なり、レタスやキャベツは生育遅れで小玉傾向の上、高値になっている。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018011000920

続きを読む “毎日食うの$+$、野菜高騰、ハクサイ2倍=鍋の季節に家計圧迫—農水省”

コンビニのイートインで食事する若者が急増中 「貧乏くさい」の声も、ふふふ!!

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/pA1Fo7n.jpg http://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
https://sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2017/12/sirabee20171212konbini1-600×400.jpg

イートインのあるコンビニは、近年になり急増している。しかしながら、イートインでがっつりと食事をすることに抵抗がある人も、
まだまだ存在するのだ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,328名に「イートインの利用について」の調査を行なった。

「コンビニのイートインで、食事を済ませることがある」と答えた人は、全体で16.9%と少数派であった。

■若者の間でイートインでの食事が普及
年代別では、若い世代ほどイートインを活用している。

https://sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2017/12/sirabee_1712124_eatin1-600×225.png

「学生時代から友達とよくイートインを利用していたから、恥ずかしいと思う気持ちがよくわからない」(20代・男性)

イートインに馴染みがない世代ほど、抵抗があるのだろう。

「コンビニで買ったものは、家や職場で食べるものと思い込んでいるのだと思う。まさかコンビニの中で食べる時代が来るとは、
思わなかった」(40代・女性)

イートインがさらに普及すれば、恥ずかしいイメージは払拭されるかも。

https://sirabee.com/2018/01/04/20161402257/

続きを読む “コンビニのイートインで食事する若者が急増中 「貧乏くさい」の声も、ふふふ!!”

激震!規制強化がパチンコ機器メーカーを直撃 パチンコ・パチスロ関連主要5社の営業利益は4分の1に低下見込み、1位トヨタwww

1 :(^ェ^) ★:2018/01/03(水) 14:23:59.70 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/D5GNYgM.jpg https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00004848-toushin-bus_all

規制強化がパチンコ機器メーカーを直撃

パチンコ・パチスロ関連企業の業績は、全国のホールが規制強化の動きに対応し、新台の導入に慎重になっていることを背景に厳しい状態が続いています。

ここでいう規制強化とは、ギャンブル依存症を抑制するために「のめり込み防止対策」をメーカーに求める法律の施行です。

正式には、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則」(風適法)と「遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則」と呼ばれる法律の2004年以来14年ぶりの改正ですが、これらの法案は2017年9月に公布され、2018年2月から施行されることが決まっています。

今回の改正では、最大出玉(大当たり1回で獲得できる出玉数)がパチンコで2,400個から1500個へ、パチスロで480枚か300枚に、それぞれ約3分の2に減らされています。

また、パチンコの標準的な遊技時間を4時間と想定し、その時間内の出玉が5万円分を下回るように上限を定めています。

このように短期間で大きな出玉獲得を行うことを難しくすることで、パチンコ・パチスロの射幸性(≒ギャンブル性)を抑制し、パチンコホールをより健全な遊び場に変えていくことが目指されています。

ちなみに、パチンコホールは既に認定を受けた機器を最大で3年間設置することができますが、2021年までには新ルールに基づいた機器への入れ替えが求められています。

こうしたことを背景に、新規制に適合した新製品が出揃うまでは様子を見るという買い控え行動がパチンコホールに広がっているのです。
大幅な下方修正を行ったセガサミーと平和

では、実際にどの程度、関連企業の業績が悪化しているかを具体例で見ていきましょう。

「銀河鉄道999」「めぞん一刻 約束」などのパチンコ機を販売している平和 <6412> は10月24日に業績の下方修正を発表し、2018年3月期の営業利益を321億円から115億円(前年比▲69%減)に下方修正しています。

セグメント別営業利益は、パチンコ・パチスロ機の製造販売を行う遊戯機事業が期初予想の242億円から49億円へ、また、ゴルフ場運営を行うゴルフ事業も10月の悪天候を理由に117億円から100億円へ下方修正されています。

一方、『北斗の拳』シリーズなどパチスロ機を手掛けるセガサミーホールディングス <6460> も、11月2日に2018年3月期上期決算を発表してから約1か月後の11月30日に遊戯事業の不振を主因に業績予想の下方修正を発表しています。

11月2日に発表された同社の上期営業利益は268億円と、通期予想の200億円を68億円も超過達成していましたが、わずか1か月後に行われた30日の下方修正では、通期の営業利益が130億円(前年比▲56%減)と大幅に下方修正されています。

とりわけショッキングであったことは、通期予想から上期実績を差し引いて試算される下期の営業利益が▲138億円と営業赤字に転落する見通しとなっていたことでした。

パチンコ・パチスロ関連主要5社の営業利益は4分の1に低下見込み

パチンコ・パチスロ関連企業では、上述の2社に加え、SANKYO <6417> 、フィールズ <2767> 、ダイコク電機 <6430> といった会社が上場しています。これら3社は、これまでのところ期初予想を据え置いていますが、業界全体が不透明な状態に置かれているため、楽観はできないと考えられます。

ちなみに、業界5社合計の2018年3月期会社予想営業利益は349億円となり、前年比▲48%減の見込みです。また、下図のように、過去10年間でピークであった2011年3月期の1,493億円に比べると4分の1に低下する見込みとなっています。

(略)

続きを読む “激震!規制強化がパチンコ機器メーカーを直撃 パチンコ・パチスロ関連主要5社の営業利益は4分の1に低下見込み、1位トヨタwww”

Scroll Up