京都の食品スーパー「フレスコ」が首都圏に進出 運営会社がピアゴ関東を買収へ、関西割烹特選^^^

1 :ティータイム ★ :2017/10/16(月) 23:07:09.25 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/fTW1ckk.jpg 京都新聞 2017年10月16日 21時40分

食品スーパー「フレスコ」を運営するハートフレンド(京都市下京区)は、関東圏でスーパーを展開するピアゴ関東(神奈川県)の全株式を取得し、子会社化する。
同社の親会社であるユニーと株式譲渡契約をこのほど結んだ。関東圏に初進出し、事業の拡大につなげる。

ピアゴ関東は、東京都や横浜市で食品スーパー「ベンガベンガ」8店舗を運営する。年間売上高は約50億円。買収は11月1日付で、買収額は非公表。従業員約300人は引き継ぐ。
店名は「フレスコ ベンガベンガ」に変更する。

フレスコは現在、京都を中心に112店舗を展開している。ベンガベンガの生鮮品に注力した品ぞろえや売り場面積、客層などの共通点から、関東進出への足がかりとして子会社化を決めた。

フレスコは「近畿で培ったノウハウを生かし、関東の消費者にも京都産の商品を提案したい」と期待している。

http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20171016000165

続きを読む “京都の食品スーパー「フレスコ」が首都圏に進出 運営会社がピアゴ関東を買収へ、関西割烹特選^^^”

「10のう!?、ビットコインだけで1週間暮らしてみた

1 :記憶たどり。 ★:2017/10/14(土) 11:47:38.22 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ewHYtfJ.jpg https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171014-00010001-nikkeisty-bus_all

ビットコインが急騰している。10月10日時点で1ビットコイン=54万円前後と、
昨年末から4倍以上に上昇した。投資対象として脚光を浴びる仮想通貨だが、
決済手段としてはどうか。記者が1週間にわたってビットコイン「だけ」の生活に挑戦し、
通貨としての実力を体感してみた。

【初日:10月2日】 ビットコイン生活がスタート。大手取引所「ビットフライヤー」の
スマートフォン(スマホ)アプリが入ったiPhoneを手に、平日5日間を暮らしてみる。
ビットコインで支払えずどうしても現金が必要になった場合は、ヘルプカードの
「タス・ヴェリカード」を5回まで使って日本円で支払えるルールとした。1枚も使わず
全部残るかどうか。

「さて、どうしたものか」

日本円が使えないので、自動販売機で飲み物すら買えない。記者は早速、
ビットコインが使えるビックカメラへ向かうことにした。ところが現金が使えないため、
電車に乗ることすらできない。普段、当たり前の電車移動だが、早速つまずいた。

やむを得ず、「タス・ヴェリカード」を1枚使用。パスモに1万円をチャージして、電車に乗った。
日本経済新聞社の本社がある大手町から地下鉄で約5分。気を取り直して、
いざビックカメラ有楽町店(東京・千代田)へ。

まず、水や菓子が並ぶ2階の酒販コーナーに向かった。ペットボトルの水に緑茶、
ついでに終業後に備えてウイスキーとつまみの柿の種も買った。勤務中にアルコールを
買うのは少し気が引けるが、買えるお店が限られるのでしょうがない。

「お支払いはどうしますか?」

店員の問いかけに、「ビットコイン決済で」と応じる。支払いは簡単だ。
iPhoneで取引所の専用アプリを起動し、レジに表示されたQRコードをカメラで読みとるだけ。
わずか数秒で決済が完了する。サインや暗証番号が必要なクレジットカードより手間が少なく、
楽ちんだ。お茶や酒などの代金として支払ったのは計0.00523ビットコイン。日本円にして
2566円相当だ。続いて3階で歯ブラシなど日用品を買った。こちらは0.00193ビットコイン(949円)だった。

「意外とビットコインだけで生活できそうだ」

そんな安堵もつかの間。急きょ、会社の先輩から「今夜、歓迎会を開く」と連絡が入った。
10月はちょうど異動のシーズン。指定されたお店は、残念ながらビットコイン決済に対応していなかった。
後輩の異動を祝う歓迎会で無銭飲食はあり得ない。惜しいが2枚目の「タス・ヴェリカード」使用となった。

【2日目】 仕事に追われ、昼食に出かける余裕がなかった。インターネットでビットコインが使える店を
探したが、会社から遠い。面倒になって結局、ビックカメラで買った柿の種を食べて過ごした。

【3日目】 この日も仕事に追われ、昼食に出られなかった。買い込んだ柿の種がどんどん減っていく。
空腹感が限界まで高まったところで夕方、東京・日本橋の焼肉店「赤身にくがとう」へと向かった。
ビットコインでの支払いに対応し、個人投資家のあいだでよく知られたお店だ。

久しぶりのごちそうだ。赤身のかたまり肉にイチボの1枚焼き、そして生ビール。
口の中に広がる肉のうまみと、ビールの苦み・炭酸が一気に喉を駆け抜ける。
気づけば1人で0.01266ビットコイン(6102円)も注文していた。

続きを読む “「10のう!?、ビットコインだけで1週間暮らしてみた”

難易度$+$、コンビニ決算、セブンイレブンの一人勝ち鮮明 総菜強化が奏功

1 :岩海苔ジョニー ★:2017/10/13(金) 06:51:58.37 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/x5CYX2r.jpg  コンビニ3社の2017年8月中間決算が12日、出そろった。ファミリーマートとローソンが営業減益となる一方、セブン—イレブン・ジャパンは営業最高益を更新。もうけが大きい揚げ物など総菜商品を先行して強化したことが「一人勝ち」につながった。

 この日発表されたセブン—イレブン・ジャパンの中間決算は、売上高が前年同期比2・8%増の4348億円、営業利益は3・3%増の1307億円。総菜を中心とした商品力の高さで、広告宣伝費を減らしても売り上げは安定した。セブン&アイ・ホールディングスの井阪隆一社長は「利益率の高い総菜の開発をよどみなく続ける」と話す。

 ファミマの営業利益は、傘下の「サークルK」と「サンクス」を「ファミマ」に統一する費用がかさみ、16・9%減の248億円。加盟店支援のコスト増でローソンも1・6%減の327億円にとどまった。

 激しい出店競争の中、全国2万店が間近のセブンは19年度に沖縄県へ初の出店を予定。ファミマも19年2月末までに2万店が目標だ。地方コンビニとの提携を進めるローソンも21年度に1万8千店を目指す。ネット通販やドラッグストアとの競争も激しいが、ローソンの竹増貞信社長は「小売りはネット通販とコンビニだけが生き残る」と自信を見せる。

 強気の背景には拡大する「中食」需要がある。共働き家庭の増加などで、総菜や弁当を買って家で食べる中食市場は昨年、10兆円規模にまで成長。約3割を占めるコンビニの比率は年々高まっている。ローソンの3〜8月の揚げ物や冷蔵総菜の売り上げは、前年より2割増えた。ファミマは、9月から冷蔵総菜コーナーを「お母さん食堂」と名付けて拡大している。(牛尾梓)

http://www.asahi.com/articles/ASKBD4SBLKBDULFA019.html

続きを読む “難易度$+$、コンビニ決算、セブンイレブンの一人勝ち鮮明 総菜強化が奏功”

8月の経常黒字過去最大 2兆3804億円 輸出増などで貿易黒字が拡大、広告宣伝+#+

1 :マカダミア ★:2017/10/10(火) 12:28:29.11 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/1HTC5Mx.jpg  財務省が10日発表した8月の国際収支速報によると、海外とのモノ、サービスの取引や投資収益の状況を示す経常収支の黒字額は前年同月比20.8%増の2兆3804億円となった。黒字は38カ月連続で、8月として過去最大。輸出増などで貿易黒字が拡大したほか、日本企業が海外子会社から受け取る配当金などが増えた。
 貿易収支は3187億円の黒字で、46.2%増加した。黒字は3カ月連続で、拡大は6カ月ぶり。輸出はアジアや米国向けを中心に自動車や半導体などが好調で、16.3%増の6兆1656億円。輸入は15.1%増の5兆8470億円だった。
 2017/10/10-10:54
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101000326&g=eco

続きを読む “8月の経常黒字過去最大 2兆3804億円 輸出増などで貿易黒字が拡大、広告宣伝+#+”

自民族で孤www、大韓民国「アメリカ・日本に続いて、中国との通貨スワップまで終わりそうなの!助けろニダ!」

1 :名無しさん@涙目です。:2017/10/09(月) 09:39:59.24 ID:bASuanAR0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/aXEJSlV.png
【社説】米国・日本に続いて中国との通貨スワップまで終われば…

10日に満期を迎える韓中通貨スワップの延長が危機という。
韓国と中国は金融危機直後の2008年12月に3600億元(約560億ドル、約6兆円)規模のウォン・人民元通貨スワップ契約を締結し、その後2回延長している。
しかし今回はTHAAD(高高度防衛ミサイル)をめぐる両国間の問題で追加の延長が不透明になっている。

通貨スワップはそれぞれ異なる通貨をあらかじめ約定された為替レートで交換できる協定だ。
通貨スワップが外貨準備高と共に外国為替市場の2大安全弁に挙げられる理由だ。
現在、韓国が他国と締結した通貨スワップ規模は米ドル換算基準で約1220億ドル。
韓中通貨スワップはこの半分を占めるほど規模が大きい。
さらに最近の中国経済の地位まで考えると、通貨スワップが延長されない場合、衝撃は予想以上に大きくなるおそれがある。

両国は昨年、通貨スワップ延長に原則的に合意したが、今年に入ってTHAAD問題で状況が変わった。
深刻なのは中国との通貨スワップが終了する場合、韓国は米国、日本、中国のどの国とも通貨スワップを結んでいない状況になるという点だ。
一時700億ドル規模だった韓日通貨スワップは両国間の問題で2015年に終了した後、再開交渉も中断した。
300億ドル規模だった韓米通貨スワップは歴史の中に消えて久しい。

北朝鮮の相次ぐ挑発とトランプ米大統領の「嵐の前の静けさ」発言などで韓半島(朝鮮半島)リスクがいつよりも高まっている。
今まで国内の金融市場や実物経済に大きな衝撃がなかったのは、韓半島危機が最悪の状況にはならないという一種の「学習効果」のためだった。
しかし、あるきっかけで資金の離脱が始まれば、金融および為替市場に大きな混乱を招くだろう。
秋夕(チュソク、中秋)連休直前に外国人が債券を売ったのもこのためだ。
米国発の緊縮ムードはこうした状況をさらに悪化させる可能性もある。

この場合、外貨準備高3800億ドルでは十分でないかもしれない。
政府と韓国銀行(韓銀)が追加で金融安全網を急いで構築しなければいけない理由だ。
為替市場への対応はいくら強調してもしすぎることはない。

http://editorial.x-winz.net/ed-76575
http://japanese.joins.com/article/156/234156.html?servcode=100&sectcode=110

続きを読む “自民族で孤www、大韓民国「アメリカ・日本に続いて、中国との通貨スワップまで終わりそうなの!助けろニダ!」”

39歳以下で新聞を購読してるのはたった8% 新聞も買えないぐらい貧困が進んでた、コンビニで売??

1 :名無しさん@涙目です。:2017/10/07(土) 14:50:32.42 ID:yUE0+1MR0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/QT0Higq.png
新聞はどのような年齢層で読まれているのでしょうか。前出のソースから読売新聞の購読世帯のプロフィールを見ていきましょう。

開示されているデータでは、60歳代以上が41.4%、50歳代が27.3%となっています。つまり、50歳代以上が約70%を占めることになります。

一方、より若い層に目を向けると29歳以下の購読世帯数はわずか0.7%。30歳代も7.2%に過ぎません。つまり39歳以下の比率は約8%です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00004033-toushin-bus_all&p=2

続きを読む “39歳以下で新聞を購読してるのはたった8% 新聞も買えないぐらい貧困が進んでた、コンビニで売??”

信じられ^^^、消費税8%→10%、経済への影響は前回と比べて「小幅なものにとどまる」との見方 日銀

1 :名無しさん@涙目です。:2017/09/29(金) 19:16:56.71 ID:WaG+hQwm0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XGsgGI2.gif
【朝日新聞デジタル】
日本銀行は26日、7月19〜20日の金融政策決定会合の議事要旨を公表した。
物価上昇率2%の目標は実現が難しいため、「中長期的目標と位置づけるべきだ」との意見が政策委員2人から上がった。

この会合で日銀は、2%の目標達成時期が1年遅れて「2019年度ごろ」になるとの見通しを示した。先送りは6度目となった。 (藤田知也)
http://www.asahi.com/articles/ASK9V32BBK9VULFA001.html

【日本経済新聞 電子版】
会合では物価上昇が弱い理由について議論が交わされた。失業率や需給ギャップについて複数の委員が「バブル期並みの水準には達していない」と指摘。
委員の一人は需給ギャップの改善には「政府による需要創出型の構造改革」が必要だとも主張した。

ある委員はサービス業では米国企業と生産性で格差があるため、日本企業は賃金や価格を引き上げにくいと主張。
それに対し別の委員は「米欧との生産性格差が埋まらなくても価格設定スタンスが変化することは十分あり得る」と反論した。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGF26H08_W7A920C1EAF000/

【産経ニュース】
米欧が金融政策の正常化に向かい、大規模緩和を続ける日銀との方向性の違いが表れてきたことに関し、複数の委員は「それぞれの経済・物価情勢に即して行われるものだ」として問題はないとの考えを示した。

平成31年10月に予定される消費税率10%への増税をめぐっては、8%に引き上げた前回と比べて経済への影響は「小幅なものにとどまる」との見方で一致した。

※一部抜粋、全文は記事リンク先でご確認下さい
http://www.sankei.com/economy/news/170926/ecn1709260045-n1.html

続きを読む “信じられ^^^、消費税8%→10%、経済への影響は前回と比べて「小幅なものにとどまる」との見方 日銀”

ラッキー#!、西友、PB商品『みなさまのお墨付き』103品目を値下げへ〜顧客の節約志向続く

1 :イセモル ★:2017/09/27(水) 18:09:05.96 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/uK81Ozs.jpg 西友は9月28日から、加工食品が中心のプライベートブランド(PB)「みなさまのお墨付き」103品目を平均7%程度値下げする。顧客の節約志向は続いているとして、年末商戦に向けてさらに値下げキャンペーンを計画している。

消費者テストで高評価を得た商品のみをそろえたとうたうPBで、2012年末から展開している。値下げの対象は、「ミルクと味わうオリジナルブレンド(397円→358円)」「徳用 焼のり(498円→458円)」「白がゆ(85円→75円)」——など飲料品・食品(全て税別、以下同)。味・容量は変更しない。

*****
引用ここまで全文は下記よりお願いします
http://www.itmedia.co.jp/business/spv/1709/27/news104.html

続きを読む “ラッキー#!、西友、PB商品『みなさまのお墨付き』103品目を値下げへ〜顧客の節約志向続く”

刺身の「ツマ」について調査 73%食べる 食べない派「貧乏性」「完全に飾り」との声、>いつも通??

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/VRa7mXx.jpg
食べる派と食べない派で意見が分かれるお刺身の「ツマ」。「ツマ」とは「ケン(大根の細切り)」、「ツマ(ワカメやたでなどの海藻や野菜類)」、
「カラミ(ワサビや生姜など香りもの)」の3つの総称で、お刺身には必ずといっていいほど添えられている。

この「ツマ」について取り上げていたのは9月19日の「ちちんぷいぷい」(毎日放送)。"ツマは食べる派"の山本浩之アナウンサーが、
いつも通り普通に食べていると、家族から「なんで食べるの?」と真顔で問われたという。家族からすれば、ツマは食べるものではないと認識なのだろう。
食べない派の人の中には「ツマまで食べるなんて貧乏症」だと感じている人もいるようだ。

「残ったツマを味噌汁に入れる」という人も
そこで番組では、食べる派と食べない派の意見を調査。北海道・大阪・鹿児島で行った街頭インタビューでは、
73%の人(90人中58人)が「食べる」と回答。理由としては、

「もったいないのもあるけど、栄養があるから」
「さっぱりしてお口直しになる」
「なくてはならない相棒」

などというものの他、スタジオ出演者からの「食べる意味があって添えられていると思うから」という声もあった。

https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-7146/
http://blog.miyagi.coop/hebita/wp-content/uploads/2012/08/seibun-0071.jpg

続きを読む “刺身の「ツマ」について調査 73%食べる 食べない派「貧乏性」「完全に飾り」との声、>いつも通??”

早大生「奨学金1100万円を返せるかどうか不安。もう中退して働いたほうがいい?」、いろんな+#+

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/8bHiwEq.jpg
現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると
抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスして
リポートしていく。

A4判の書類がある。日本学生支援機構による「貸与額通知書」。返還総額予定の欄には、利子が付かない第一種と呼ばれる
貸付金が「3,072,000円」、利子が付く第二種が「8,436,847円」と、それぞれ記載されている。早稲田大学2年生のタクマさん
(26歳、仮名)は卒業と同時に1100万円以上の借金を背負う。卒業後、20年間にわたり毎月約5万円を返し続けていかなくては
ならない。

「将来、返済が終わっている自分の姿が見えないんです。このまま大学に通い続けるべきなのか。それともこれ以上、
借金が増える前に中退して働いたほうがいいんじゃないか。最近、本当に迷っています」

物心ついた頃から父親はいなかった

福岡県内の地方都市で育った。物心ついた頃から父親はおらず、母親と2人暮らし。母親が父親のことを語ることはほとんど
なかったが、母方の祖母が、母親はDVを受けていたことや、両親はタクマさんが生まれてすぐに離婚したこと、養育費が
支払われたことは一度もないことなどをぽつぽつと話してくれたという。

幼い頃、タクマさんは体が弱く、よく熱を出した。このため、母親は時間の融通が利くパンの移動販売や乳酸菌飲料の訪問販売で
生計を立てた。しかし、これらの雇用形態はいずれも個人事業主。ガソリン代は自腹のうえ、売れ残った商品の一部を
買い取らなくてはならず、手取りから相当額を引き去られる月もあったという。その後は別の仕事に就いたが、いつも縫製や
はんだ付けなどの内職との掛け持ち。働き詰めなのに家計は苦しく、家事をする時間的な余裕もなく、ご飯と味付け海苔だけで
何日も過ごしたこともあった。

以下ソース
http://toyokeizai.net/articles/-/189319

続きを読む “早大生「奨学金1100万円を返せるかどうか不安。もう中退して働いたほうがいい?」、いろんな+#+”

Scroll Up