フロリダ州の高校で発砲、50人負傷の情報 容疑者逃走、びびびっくり$+$

1 :孤高の旅人 ★:2018/02/15(木) 06:32:32.92 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/mevcigG.jpg フロリダ州の高校で発砲、50人負傷の情報 容疑者逃走
2018年2月15日 5:52 

【2月15日 AFP】(更新)米南部フロリダ州パークランド(Parkland)にある高校で14日、発砲事件が発生し、地元メディアは消防当局からの情報として、20〜50人が負傷したと報じた。容疑者は現在も逃走中で、警察が行方を追っている。
 地元ブロワード(Broward)郡の保安官事務所はツイッター(Twitter)への投稿で、「銃撃犯は依然逃走中」だとし、現場付近に近づかないよう呼び掛けた。
http://www.afpbb.com/articles/-/3162472?cx_position=1

続きを読む “フロリダ州の高校で発砲、50人負傷の情報 容疑者逃走、びびびっくり$+$”

本当に税金の!!、ミサイル迎撃実験失敗 SM3ブロック2A 日本と共同開発

1 :ばーど ★:2018/02/01(木) 11:38:20.29 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ighHUPd.jpg 【ワシントン=黒瀬悦成】米国防総省ミサイル防衛局は1月31日、日米で共同開発している弾道ミサイル防衛用の改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の迎撃実験を行ったと発表した。実験の結果については明らかにしなかったが、米CNNテレビなど主要メディアは「実験は失敗した」と報じた。

 国防総省やCNNによると、実験は、ハワイ沖の航空機から発射された標的を、同州カウアイ島にあるミサイル訓練施設から発射されたSM3で迎撃するものだったが、標的を撃墜できなかったとみられる。

 失敗が事実とすれば、SM3ブロック2Aの実験失敗は、昨年6月に続いて2回連続となる。

 実験結果を公表しない理由について、国防総省はCNNに対し、北朝鮮が韓国・平昌五輪に参加するなどの微妙な情勢に配慮したためだと説明した。

 SM3ブロック2Aは北朝鮮の弾道ミサイルの脅威に対抗するため、海上自衛隊のイージス護衛艦や陸上配備型システム「イージス・アショア」に配備される予定。米国務省は今月、日本に同ミサイル4発などを総額1億3300万ドルで売却することを議会に通告していた。

2018.2.1 08:33
産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/180201/plt1802010007-n1.html

続きを読む “本当に税金の!!、ミサイル迎撃実験失敗 SM3ブロック2A 日本と共同開発”

トランプ大統領、中米カリブやアフリカに「便所のような国」と侮辱的な発言 国際社会から批判を浴びるのは必至、情けないやつ$+$

1 :ばーど ★:2018/01/12(金) 12:48:11.73 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/CBOWEVK.jpg トランプ米大統領は11日、ホワイトハウスで、超党派の議員と移民問題について協議していた際、ハイチやアフリカ諸国を名指しし、「なぜ、これらの屋外便所(shithole)のような国々から米国に人を受け入れなければならないのか」と語った。複数の米メディアが報じた。中米・カリブやアフリカ各国に対する侮辱的な発言で、国際社会から批判を浴びるのは必至だ。

 報道によると、戦争や災害などの理由で出身国から追われた人々を人道的に受け入れる一時的な在留資格(TPS)について、民主党の議員が対象国のハイチに触れた時に、「なぜハイチ人がもっと必要なのだ。追い出せ」と発言。ハイチのほか、エルサルバドル、ニカラグア、ホンジュラスの中米・カリブ諸国やアフリカ諸国を指して「屋外便所のような国」と表現したという。

 さらにトランプ氏は「米国にはノルウェーのような国から、もっと人を連れてくるべきだ」とも語った。また、米国の経済成長の助けになるアジア諸国の移民をもっと増やすべきだとの考えも示したという。

 トランプ氏は、今月19日に暫… 残り:222文字/全文:663文字

配信2018年1月12日11時20分
朝日新聞デジタル 全文は会員登録をしてお読みいただけます
https://www.asahi.com/articles/ASL1D3C5YL1DUHBI00H.html?iref=comtop_8_07

続きを読む “トランプ大統領、中米カリブやアフリカに「便所のような国」と侮辱的な発言 国際社会から批判を浴びるのは必至、情けないやつ$+$”

やっぱりこれ^^^、トランプ大統領 北朝鮮・金正恩氏とは「非常に良い関係」−米紙インタビュー

1 :ばーど ★:2018/01/12(金) 11:41:12.65 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/bX9X4VY.jpg 【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は11日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長と「恐らく非常に良い関係を築いている」と述べた。米紙ウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal)とのインタビューで語った。ただ、2人が会話を交わしたかどうかは明らかにしなかった。

トランプ大統領は同紙に対し「私は恐らく金正恩氏と非常に良い関係を築いている」と述べた上で、「私は人々と関係を築いている。みんなが驚くと思う」と強調した。

しかし、金氏と会話を交わしたかどうかについて質問されると「それについてはコメントしたくない。会話を交わしたとか交わしていないとかを言っているのではなく、ただコメントをしたくない」と答えた。【翻訳編集】 AFPBB News

配信1/12(金) 10:08
AFP=時事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000008-jij_afp-int

続きを読む “やっぱりこれ^^^、トランプ大統領 北朝鮮・金正恩氏とは「非常に良い関係」−米紙インタビュー”

トモダチ作戦で被ばく 空母乗組員の訴えを却下、!:::::+#+

1 :ばーど ★:2018/01/12(金) 01:47:19.11 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/zRFn9su.jpg 東日本大震災の直後にアメリカ軍が行った支援活動「トモダチ作戦」に参加して被ばくしたとして、空母の乗組員などが治療費に充てるため日本円で5500億円余りの基金を作るよう東京電力に求めていた訴訟で、アメリカの裁判所が訴えを退けたことがわかりました。

この訴訟では、アメリカ軍のトモダチ作戦に参加した当時の空母の乗組員など157人が福島第一原子力発電所の事故で被ばくしたとして去年8月、治療費に充てるため少なくとも50億ドル(5500億円余り)の基金を作ることなどを東京電力に求めていました。

東京電力の発表によりますと、カリフォルニア州南部地区の連邦裁判所は今月5日に、アメリカの裁判所は「審理する管轄と権限がない」として訴えを退けたということです。

ただ裁判所は併せて、原告が訴えの内容を変えて改めて提訴することは妨げないという判断を示したということです。

アメリカ軍のトモダチ作戦をめぐっては、今回の訴えとは別に6年前に同じような内容の別の訴訟が起こされていて審理が続いています。

東京電力は「原告の動向を見極めながら引き続き対応していきます」と話しています。

配信1月11日 20時07分
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180111/k10011285701000.html

続きを読む “トモダチ作戦で被ばく 空母乗組員の訴えを却下、!:::::+#+”

嘘だよね??、不妊女性に自分の精子を注入した医師、23人の子どもを生ませるも「行為は犯罪ではない」として執行猶予へ

1 :冷やし飴 ★:2018/01/03(水) 23:31:22.48 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/MWgosz3.jpg 米中西部に位置するインディアナ州の州都・インディアナポリスで12月半ばに行われた、ある注目の裁判で、裁判官は今年79歳になる元医師ドナルド・クラインに対し、執行猶予1年の刑を言い渡した。
これに対し被害者たちは、もっと重い刑を科すべきだと不満の声を上げていたという。

地元紙の「インディ・スター」が報じたところによると、クラインはすでに引退しているが、かつては不妊治療を専門とする医師をしており、過去に、自分のクリニックで、数十人の女性患者に対して内緒で自らの精子を使って体外受精を行っていたのだという。
コトが発覚したのは3年前。30年ほど前にクラインのクリニックで体外受精を受けて生まれた子どもたちの多くが、遺伝子検査によって異母兄弟・姉妹であることが判明したのである。

この検査判定によって、彼ら親たちは大きな疑念を抱くこととなった。
というのも、当時クラインは女性患者に対して、同じ精子提供者の精子は、3人以上には使わないと明言していたからである。
後に彼らがオンライン上の遺伝子検査サービスで検査を行ったところ、彼らの子ども生物学的にクラインが父親であることが判明したという。

これは、明らかに犯罪的行為である。
ところが、インディアナ州の法律では、医師が患者に自分の精子を使って体外受精を行うことを禁止しておらず、訴訟を起こすことができない。
そのため彼らは消費者として苦情を申し立てるしか方法がなかったのだ。

苦情を受けた調査機関がクラインに対して聞き取りを行ったところ、クラインは疑惑を否定。
そのため、次にクラインは調査官に対して偽証を行ったとして起訴され、裁判が開かれることになったという。

地元裁判所で行われた公判で、クラインは調査官に対して偽証をしたことは認めたものの、クラインの弁護士は口頭弁論で「この裁判は偽証に対して行われるもので、何十年も前にクリニックで彼が行ったことに対してではない」と何度も強調。
最後に「30年前に起こったことは犯罪ではない」と述べている。

裁判資料には、クラインは疑惑を訴えてきたかつての患者に対して、かつて50回ほど自身の精子を体外受精に使っており、それは他の提供者からの新鮮な精子を調達することができなかったからだと告白したと残っている。
すでに被害者たちが個人的に行ったDNAテストでは、23人がクラインの生物学上の子どもであることが判明しており、その数はさらに増える可能性もあるとしている。
しかし、裁判では2つの偽証罪のみについて審理が行われ、結局、クラインは刑務所に入ることなく、執行猶予となったわけである。

この判決に怒りが収まらないのが、この裁判で傍聴に押し寄せた被害者たちである。
「彼の行為が私たちに対して与えた精神的な苦痛は甚大なもの。もっと重い刑を科すべきだ」と、大きな声を上げているという。

生物のオスは、自らの遺伝子を持つ子孫をできるだけ多く残そうとする本能を持っているといわれているが、それはメスとの生殖行為を通じてのこと。
生殖行為もせずに勝手に遺伝子だけメスに植え付けることは、それこそ自然の摂理を冒涜する行為だといえるかもしれないが……。

「種まき男」ことドナルド・クライン元医師
http://www.cyzo.com/wp-content/uploads/2017/12/1228_tanemakiotoko.jpg

http://www.cyzo.com/2018/01/post_147018_entry.html

続きを読む “嘘だよね??、不妊女性に自分の精子を注入した医師、23人の子どもを生ませるも「行為は犯罪ではない」として執行猶予へ”

Scroll Up